ご飯も和菓子も!竹田城下町にある老舗和菓子店のカフェ『茶房だんだん』

やんこ

但馬屋老舗』さんに併設するカフェは、お茶やコーヒーだけでなくランチもおいしいのです!!

1804年創業の老舗和菓子店

竹田の城下町にある大分県下一番古い和菓子屋の本店『但馬屋老舗』さん。店構えから老舗ならではの落ち着いた雰囲気が伝わってきます。

和菓子屋ですが併設された茶房だんだん』さんも経営されており、今回はこちらのカフェをご紹介いたします。
入口はこちらです。但馬屋さん側からも中でつながっていますよ。

今回ご紹介するお店の場所はこちら👇

所在地 : 大分県竹田市大字竹田町42

ホッとできる店内

店内に入ると大きなテーブルがあります。

4人掛けのテーブル席です。今回はこの席でいただきました♪

メニューのご紹介

和菓子だけではなく、実はこだわり食材のランチがいただけます。

代表銘菓である『三笠野』『荒城の月』をお好みの飲み物と一緒に楽しめます。

上生菓子羊羹もおいしそう♪

他にも、京都にある老舗店のコーヒーと名物がたくさん!!

ちくでん栗おこわ 1,430円

大きなお椀が印象的です‼

蓋を開けると、おかずがたくさん入っています♪
鶏肉、椎茸、かぼちゃ、高野豆腐、干したけのこ、名水仕込みのごま豆腐など和のラインナップです。

こちらの大きなお椀は2段重ねになっており、おかずの段の下には栗おこわが登場!!
竹田産サフランで色付けしたもち米と、旬の時期に下ごしらえした竹田産栗を蒸しあげています。

竹田産の栗を仕入れたその日に下処理をするこだわりよう。栗のほくほく感がたまりません!

岡にゅう麺(温) 770円

温かい『岡にゅう麺』が運ばれてきました!!

知床産羅臼とろろの上に乗っている不思議な白い物は『削りかまぼこ』という固めのかまぼこを削り節のように削ったものだそうです。

自家製ごまだれをダシに溶かしていただきましょう!

とても良い香りがフワ~っとしてきます♪ かつおと昆布の一番ダシが効いていてとってもおいしい! 思わず飲み干してしまいました‼

食後のデザートは『淡雪(コーヒー味)』です。

やんこ

『ちくでん栗おこわ』や『岡にゅう麺』は、季節限定のメニューかと思いきや共に通年メニューなのです。こんなおいしいものが『茶房だんだん』さんに来たらいつでも食べられますよ!!

情報提供くださった方に、毎月Amazonギフト券をプレゼント!

茶房だんだん

情報は取材当時のものです。来店の際は公式情報をご確認下さい。

住所
大分県竹田市竹田町42
アクセス
豊後竹田駅 徒歩9分
営業時間
9:30~18:00
定休日
火曜日
電話
0974-63-1811
Webサイト
https://tajimaya-roho.co.jp/
Instagram
@tajimayaroho
備考
駐車場10台
最新情報を
チェックしよう!